あなたの症状は?


不眠症克服する方法を考えるためにも、まずはあなたの実際の症状をチェックしてみましょう。

なかなか寝付けない。
眠りが浅い。
何度も目が覚める。
目覚めた時にだるい。
起きていても常に眠気がある。


不眠症の症状では、実際に眠った時間の長さではなく、起きた時に疲れが取れていなくてだるかったり、ずっと眠い感じがして時には大事な仕事中なのについ居眠りしてしまったり…など、日常生活に支障をきたすものがあり、とても深刻です。

短時間でも、熟睡出来ていれば日中眠気に襲われる心配も無くなります。

また、なかなか寝付けず、やっと寝られたと思っても浅い眠り…つまり、質の悪い睡眠のため、起きてからが辛くても、例えば一週間程度で収まれば一過性の不眠症の症状ということになります。

3週間程度ならば、短期不眠症と分類され、それが4週間以上も続いてしまうと、長期不眠症となり深刻になってきます。


まずは、不眠症の克服のためにも夜は可能な限り10時前には布団に入るようにしましょう。

自律神経の乱れを防ぎ、交感神経と副交感神経のバランスがうまくとれるように、生活のリズムも見直してください。

症状が深刻化すれば病院の診察も必要となりますが、できることなら、医者にも薬にも頼らない方法で、ぐっすり眠られるようになりたいですね。


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命




オープンソース