不眠症と金縛り


あなたは金縛りにあったことはありませんか?

意外と経験者って多いようです。

寝ていると、何かが自分の胸の上にのしかかって目が覚めているのに手も足も動かせない。

気が付いたら、部屋の中に誰かがいて、じっと私をみているような気がする…。

そんな経験話が多いために、金縛りのことを心霊現象と言ったり、なかにはあなたは呪われている…などという人もいて、体験した人はますます落ち着かなくなります。


でも、これって心霊現象などではなく、睡眠障害不眠症の一種なのです。


克服する方法を考えてみましょう。

脳が目覚めている状態である≪レム睡眠≫の時に、何かのきっかけがあり、実際に目が覚めてしまうと、自分ではちゃんと意識があるというのに、なぜか体は自分の思うように動かせないことがあります。

この状態の時の筋肉は緩んだ状態です。

そのために脳が体を動かすようにと命令しても、筋肉には伝わっていかないのです。

それで、いくら自分の意思で動かそうとしても、全然動くことが出来ない状態となってしまいます。

これが金縛りの実態です。

この状態を医学では「睡眠麻痺」と言います。殆どの場合、完全に覚醒状態に戻れば筋肉にも力が入りますから、やっと自分の思うように体を動かすことが出来るようになります。

金縛りが起きやすい状態というのは、覚醒と睡眠がうまく切り替わらない時と言われています。

例えば寝付く直前とか明け方などに目が覚めてしまった時に起こりやすいようです。

また、金縛りになりやすい人は、睡眠のリズム・サイクルがバラバラだったり徹夜をよくする人などだと言われています。
 
特に、睡眠不足の時とかストレスがかなり溜っている時などに起こりやすいのです。

また、時差ぼけでも金縛りになる可能性は高くなります。


金縛りによくかかる人、そしてそんなことは体験したくない人は、規則正しい睡眠を取るようにしたいものです。

規則的な生活サイクルを身につけ、金縛りと無縁な身体になりたいですね。


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命



オープンソース