理想的な食生活


不眠症克服する方法の一つに、食生活の改善も挙げられます。

ぐっすり眠るためには、やはり栄養のバランスが大切です。

炭水化物に、野菜・果物、鳥肉とか魚等のたんぱく質、そしてビタミンやミネラルと色々なものをバランスよく摂ることが大切です。

もちろん食事の量も気をつけましょう。

朝は適量、昼食はたっぷり、そして夕食は少なめにというのが原則で、これが健康的な食生活といえます。

また、脂肪の多い食べ物は、避けるようにしましょう。特に揚げ物などは、油をたくさん摂ってしまうことになるので注意が必要です。

体内で脂肪分を分解するのに時間がかなりかかります。

ということは夜遅くなってから揚げ物を食べてしまうと、胃の消化活動が夜、横になってからも続くために、なかなか眠れないということに繋がります。

ただし、全く油分を摂らないのもよくありません。


そして、刺激的な香辛料やニンニクなども、夕食では控えましょう。


それでは、身体に良い食べ物は?

簡単に言うと黒っぽい色のものがお勧めです。

海苔や昆布にわかめ、黒ゴマ等の黒色の食材は、体の調子をうまく整えてくれます。

パンの場合でも、食パンのような真っ白なパンよりも、胚芽パンの方が栄養があります。

同じくお米も白いお米よりも、玄米の方が豊富な栄養素を含んでいます。

また、ぐっすりと眠るためには、カルシウムもきちんと摂取しましょう。

カルシウムには、気持ちをリラックスさせ、穏やかに眠られるようにする作用があります。カルシウムを多く含む食品は、乳製品や小魚、海草などです。


常に忙しく慌ただしく活動している現代では、理想的な食生活を送るということは難しい課題となるかもしれません。

でも、特に不眠症で悩んでいる人には、出来るだけ理想的な栄養バランスを保つことが重要です。

万が一食事では、栄養バランスを整えるのが難しいのでしたらサプリメントを利用して普段の食生活ではなかなか摂取できない栄養素を補うのも一つの方法です。

その場合、サプリメントは、夜よりも朝摂取する方が、効果的だといわれています。


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命




オープンソース