危険なイビキと病院


不眠症克服するためにも病院行く必要があるケースとして危険ないびきというものがあります。

大人でも仕事中につい眠ってしまったりして、検査してみたら睡眠時無呼吸症候群だったということもありますが、実は子供にも起こります。


お子さんが、大きないびきをかいて寝ているのをみると、まさか不眠症の分類とは重いもせずに、ぐっすり眠っているな…と、安心していませんか?

でも、本当に健康的な子供の場合には、いびきはかかずに朝までぐっすりとすやすやと眠るものです。

もしもお子さんが毎日のようにいびきをかいているのなら、それは≪質の悪い睡眠≫という証拠で、何か身体に不調があることを訴えているのかも…と、お考えください。

さて、そのいびきの原因として考えられものとして、鼻炎が挙げられます。

また、いつも鼻で呼吸できず、ついつい口呼吸をしている子だったり、よく鼻が詰まってしまう子だったり、栄養が偏っていたり、さらには歯並びが悪かったりすると、いびきをかきやすいようです。

子供は大人に比べると、もともと上気道が細いために大人よりもいびきをかきやすくなっています。

いびきをかいている時には十分な酸素が、体の中に行き渡っていない状態です。

ご存知のように、寝ている間に大切な成長ホルモンが分泌されています。

特に子供の場合は、よく睡眠をとることによって脳が発達していきます。また同時に成長に欠かせない筋肉や骨も成長していきます。

いびきをかくことで血中酸素が不足してしまった場合には、精神や身体の発達に大きな影響を与えかねません。

そうなると、昼間にぼんやりすることも増えて、記憶力や集中力までも低下してしまいます。

さらには情緒不安定となり、友達と遊ぶのがいやになってきて家に閉じこもるようになるケースも報告されています。


このように、子供のいびきには大変重大な危険が潜んでいます。

大人と同くいびきが悪化すると、睡眠時無呼吸症候群になってしまい、最悪のケースとしては突然死も考えられます。


お子さんが、もしも昼間によく居眠りしているようでしたら、夜の無呼吸から慢性的な睡眠不足になっている危険があります。

お子さんのいびきや無呼吸に気づいたら、すぐに対策をとる必要がありますから、まずは耳鼻科の診察を受けてみてください。


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命

オープンソース