薬の注意点


不眠症克服する方法を求めて病院に行くと、を処方されます。

いわゆる睡眠薬ですね。

しかし、病院で処方される場合でも注意が必要な場合があります。例えば、高血圧とか糖尿病のような基礎疾患がある場合、いくつもの薬を服用されていると思います。

これらの薬の中には、睡眠薬と一緒に服用した場合に睡眠薬の分解を遅らせたり強く作用しすぎてしまうケースがあります。

必ず、現在服用している薬のことも医師や薬剤師に相談してから睡眠薬を処方してもらうようにしましょう。


またその他にも注意点があります。

それは、市販のサプリメントを利用している場合です。例えば、セイヨウオトギリソウやセイヨウカノコソウを主成分としている、ハーブ系のサプリメント等を服用している場合にも、睡眠薬を処方してもらう前に病院で一度相談する必要があります。


さらに珈琲・紅茶・緑茶、そしてチョコレートなどのカフェインが含まれている食品にも注意が必要です。

あと一部の健康飲料や清涼飲料にも、カフェインが含まれている場合がありますね。

カフェインには覚醒作用、また利尿作用もありますから、これらを口にする時間や量に気をつけてください。


あとアルコールも好ましくありません。薬の作用が強く出過ぎてしまう危険があります。


最後に、妊娠中の場合には、決して睡眠薬を飲まないでください。睡眠薬は、胎児に悪影響を与える危険があるからです。

母親が妊娠中に睡眠薬を常用していた場合に、生まれてきた赤ちゃんには睡眠薬の中毒があったという報告例が少なくないからです。

その後、その赤ちゃんは成長しても幼児期から不眠症となり、常に落ち着きもなく、さらには手足が震える、という症状が出るケースがありす。


病院で不眠症の治療をしてもらう場合には、自分の現在の状況を詳しく説明してから処方してもらうようにしてください。


でも、出来たら病院にも睡眠薬にも頼らずに不眠症を解決したいですね。


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命



オープンソース