メラトニンとの関係


メラトニン」というホルモンは、最近では、うつ病に関連しても名前が出てきてだいぶ知られていますが、もともとは眠りを誘う効果が期待出来るということでも話題に乗ります。

このメラトニンは、体温、そして血圧や脈拍を低下させます。そして覚醒と睡眠のサイクルをうまく調整してくれるので自然な形で眠りに誘ってくれる効果があります。

その関連で時差ぼけにも効果があるということで、時差ぼけを防止・予防するための薬にもなっています。

このメラトニンが不足するということで色々障害が出てくるわけですが、逆にどのようにすればメラトニンは増やせるのでしょうか。

まず、メラトニンは、脳内物質のセロトニンが分解されて分泌が増えてきます。

このセロトニンを作りだす減量として有名なのがアミノ酸の一種であるトリプトファンです。

そしてトリプトファンは、バナナや牛乳などに含まれています。


そういえば、夜、なかなか眠れない時には、温めた牛乳をのむと良いという昔からの民間療法もありますね。


ちなみに、アメリカでは、このメラトニンは熟睡出来るためのサプリメントとして注目されているそうです。

さらにこのメラトニンには、若返りの効果もあるそうです。

しっかりとした睡眠により、メラトニンが脳の中で分泌されアンチエイジングにも繋がるということですね。

もともとメラトニンは、人間の体内で自然と作られるホルモンの一種です。

規則正しく、夜になったら眠って、朝になったら目覚めるという生活を送っていられるのなら、このようなサプリメントは本来必要ありません。

とは言っても、規則正しい生活を送ってはいても、やはり年齢とともにこの分泌も減ってきます。

もちろん、不規則な生活を送っている場合も不足します。

もしも、改善するためにサプリを飲んでみるのならば、夕方以降に摂取すると、スムーズに寝つける可能性が高まります。

また、メラトニンをサプリではなく、食品で摂取したい場合にお勧めな食材は、アブラナ科の野菜のケールです。

ケールは青汁の原料として知られていますね。やはり手軽に摂取するには、青汁を飲むことでしょうか。

青汁の場合も、夕方以降に飲むと良いですね。


でも、やはり薬にもサプリに頼らずに不眠症を克服するには?


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命



オープンソース