不眠症を抱える悩み


不眠症になると、余計に睡眠の重要性が気になってきますね。この不眠症を抱える悩みにも色々あります。


不眠症を克服する方法を考える前に、まずは睡眠について考えてみましょう。

脳の中にある「生体時計」というものがコントロールしていますので、たいていの場合には、夜になってくるとだんだんに眠くなり、朝になると目が覚めます。

体温は明け方あたりに一番下がり、起きだしてから昼に向けて上昇していきます。

そして夕方になってくると、どんどんまた体温は下がっていきます。

体温が下がってくると、人間は眠くなってきます。

仕事の都合で、夜中に働かないといけない人や、海外旅行で時差のあるところに旅行すると時差ぼけなど、色々弊害も出てきます。

私達は、寝ることによって身体だけでなく脳も休ませることが出来ます。

さらに、深い睡眠の間に成長ホルモンが集中的に分泌されます。

それ以外にも重要な役割が有ります。

エネルギーの保存です。

私達は、起きて活動している時に、体内の物質を酸化させ、エネルギーを作り出して心と身体を活動させる動力にしています。

そして、睡眠中には、これらの作用を抑えます。そしてエネルギー源を保存します。

特に深く眠っている時には、最もエネルギーの消費量が低下しています。
 
目覚めた後の活動のために必要なことを、寝ている間にしているんですね。

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命



オープンソース