歯ぎしりも原因?


睡眠時の歯ぎしり不眠症原因となるのでしょうか?

歯ぎしり自体で不眠症になると言うよりも、一緒に寝ている人がその音が気になり眠れなくなることがあります。

さらには、それを指摘されると怖くなって本人も眠れなくなる場合もあります。

歯ぎしりの原因は…というと、やはりストレスなどが多いようです。

それ以外にも、治療でかぶせた金属冠の高さが微妙に合わないとか、いつの間にか歯のかみ合わせが悪くなってきた時、そして虫歯が痛む時などにも起こりやすいようです。


それにしても、歯ぎしりはどうして本人は気付かないのでしょうか?

熟睡していなくても、寝ている間は、感覚器の伝達経路が断ち切られます。私達の脳に音が伝わる時には覚醒時には筋肉から脊髄を通っていきます。

ところが一般的な歯ぎしりである、それほど音が出ないギュッと歯をかみしめるようなパターンの場合には、睡眠中ならこの回路が働かないために、本人では気付かないのです。
(中には、ギリギリと臼を挽くような音とか、カチカチと軽くタッピングするような場合もあります)

そして歯ぎしりが進行した場合、歯自体やあごに影響を与えるという怖さもありますが、時には歯ぎしりをした直後に睡眠時無呼吸症の症状が現れることがあります。

睡眠時無呼吸症候群は、突然死にも繋がる大変怖い病気ですから、より注意が必要です。


不眠症の直接の原因ではないにしろ、歯ぎしりをしていることが分かったら自分自身のため、そしてパートナーのためにも歯科医や口腔外科での治療をお勧めします。



お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命


オープンソース