夢遊病と不眠症


不眠症克服する方法を探しているうちに、夢遊病という言葉に出逢ってはいませんか?

正式には睡眠時遊行症(Sleep walking)と言って、睡眠障害の一種です。

この夢遊病は小さな子供、だいたい4歳から8歳くらいに発症することが多いのですが、子供の約10%くらいにみられると報告されています。

たいていの場合、思春期までには消えるようで、特に心配は必要は無いのですが、中にはてんかんなどの病気によってこの症状が出てくる場合もあります。

さらに、自宅以外で宿泊するような場合とかには、事故などをおこなさないようにする注意も必要です。

ベッド付近にいて動く程度なら良いのですが、外に出てしまったりするなど危険が出てくる場合には医師に相談してみましょう。


もしも、お子さんにこの症状が現れ遊行している場合には、起こさないでください。その状態は、とても深く眠っている状態ですから、無理に起こそうとせずに布団に戻してあげてください。

睡眠時遊行症は、正常の範囲内の症状と言われています。

そのため、この症状を抑えるような薬は、殆ど無い状況です。

場合によっては、原因にもよりますが抗うつ薬で症状が抑えられたケースもあります。

とは言っても≪必ず抑えられる≫という薬は殆ど無いようです。

自宅でできる対策としては、その症状が現れる時間帯がだいたい毎晩同じくらでしたら、その予想時間の15〜30分前くらいに強制的に起こしてみることを5日〜30日くらい続けることも効果があります。

これは確実ではありませんが、場合によっては、この方法で治る場合があります。

この症状が出てから起こすのではなく、出る前に起こす方法ですのでお間違えなく。。

また、この夢遊病もストレスや疲労が原因とも言われています。

できるだけストレス発散などをして、それぞれの生活環境に合わせて対策を考えてみてください。


さらに、薬によっては症状を悪化させることもあります。もしも薬を服用させる時には、必ず医師や薬剤師に相談するようにしてください。



不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命




オープンソース