悪夢と不眠症


不眠症克服する方法を考える時、悪夢の問題も出てきます。

悪夢…毎日のように悩まされている人もいます。そのような映画も時々でていますね。


でも、医学的な立場からは、まだ悪夢については解明されていないため悩みは尽きません。

夢を見ても大抵の場合は、その中身までは覚えていません。

その夢の内容も様々ですが、特に悪夢の場合には、強烈な印象が残るために覚えていることが多く、それ以外にも見ていても、起きた時に記憶にあるのは悪夢だけ…という場合もあります。

基本的に、悪夢とは病気ではないので、病院で治療する対象とはならない場合がおおいのです。

とは言っても、夢を見る時というのは、レム睡眠の時です。悪夢を何度も見るというのは、睡眠の質が良くない状態と考えられます。

その原因とは、やはり精神的なストレス、そしてトラウマなどが挙げられます。

ストレスを強く感じている時などにレム睡眠が増え、睡眠障害を引き起こし、悪夢を良く見るということに繋がります。

また、その他の原因に、生活環境が良くない場合にも起こりがちです。

寝室の温度や気温が睡眠に適していないとか、生活リズムが乱れ、夜遅くなってもなかなか寝ない場合などです。

悪夢対策というのは、具体的には無いのが現状です。

もちろん、場合によっては原因が明らかな場合もありますから、その場合には、精神療法などを受けることにより、またその現実を改善することによって悪夢を見なくてすむようにもなります。


なにはともあれ、悪夢を頻繁に見る場合、寝不足になってきますので、ここはやはり医師に相談し睡眠薬を処方してもらうことも必要になります。


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命






オープンソース