朝食と不眠症


不眠症を克服する方法を考える前に、あなたは朝食をきちんと摂っていますか?

朝食に関しても色々な説が出ています。

朝は消化の時間だからフルーツのように最初から消化されている食べ物だけを食べるべきという、ダイエット方法。

または朝食を抜くというダイエット方法まであります。

でも、ダイエット的な思考で行くのなら、朝食の分はその後動きますからすぐに消化されますので、朝食はきちんと食べて夕食を減らす方が賢明です。

そうでなくても、ただでさえ夜が遅かったりで朝は食欲が無いとか、1分でも朝は時間が惜しいとかいう理由で朝食を摂らない人達も増えています。

となると、その分、昼食や夕食をたっぷり摂りがちで、それ分、身体にも負担がかかります。

そして、それはあなたの大切な睡眠にも悪い影響を与えてしまいます。

最も注意しないといけないのは、夕食をたっぷり食べ、すぐに寝てしまうパターンです。

さて、朝食は、午前中の活動に欠かせないエネルギー源です。

午前中に集中力を上げて、仕事や勉強に力を入れるためにも欠かせません。

そしてしっかりと「噛む」ことは脳に刺激を与えて、その日の活動を始めるということを身体全体に伝える役目もあります。

それだけでなく朝食をきちんと食べることによって体温を上昇させますから、身体全体も心もしっかりと目覚めることが出来ます。

私達は睡眠中も、体力を消耗しています。

大脳は睡眠中であっても活動をしています。そしてこの大脳は、たくさんのエネルギーを必要としています。

朝起きた時というのは、一般的には10〜12時間もの間、何も食べていないために体全体が極端なエネルギー不足になっている状態です。

こういうエネルギーが不足している状態なのに、さらに朝食まで抜いたら、一日の活動を始めたら、一日が充実した時間にはなりません。

しっかりと朝食を食べて、そして夕食は少なめにしましょう。

こういう食生活になれば、睡眠サイクルも規則正しくなってきて、不眠症を克服する方法に繋がります。


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命






オープンソース