妊婦と不眠と睡魔


妊婦さんの不眠、そして睡魔も重要な問題です。


大切な赤ちゃんを守るために、妊娠中はしっかりと睡眠をとる必要があります。


一般的に、妊娠してから三か月くらいまでの期間は、日中でも激しい睡魔に襲われることがあります。

それは、胎内の赤ちゃんを育てるため、かなりのエネルギーを必要とするわけですから当たり前のことですね。

特に妊娠初期のころは、身体を妊娠に慣れさせるためにも、かなりのエネルギーを必要としますから、他で無駄なことにエネルギーを使わずに済むように、自然と眠気をもよおし、身体を休ませるようになっています。

また、女性ホルモンの関係もあります。

妊娠準備に必要なエストロゲンと、排卵後に妊娠を成功させてその状態を維持するのに必要なプロゲステロンが有ります。

妊娠三カ月までは、大量にプロゲステロンが分泌されます。

この時期、流産の危険もまだ多いですから、眠い時は出来るだけ横になり、身体を休ませましょう。

そして、だいたい妊娠六カ月くらいを境に、今度はプロゲステロンの分泌は抑えられてきて、エストロゲンの分泌が増えてきます。

そして、逆にエストロゲンの影響で、熟睡できなくなったり、なかなか寝付けない状況も出てきやすくなります。

しかし、安全に赤ちゃんを産むためにも、やはり睡眠時間の確保は必要ですね。ゆったりとした気持ちで過ごして、少しでも良い睡眠を取るようにしましょう。


不眠状態に陥った場合は、早めに改善する方法をとって、元気な赤ちゃんを産んでくださいね♪

お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命

オープンソース