不眠症のチェック


不眠症克服する方法をお探しですか?

最初にあなたの状態をチェックしてみましょう。


入眠障害
寝つきが悪く、なかなか眠れない。寝つきに30分〜1時間以上かかる場合と定義されている。

中途覚醒
朝起きる時間までに、何度も目が覚める。中高年に多い。

早朝覚醒
朝早く目覚めてしまい、再度眠ることが出来ない。

熟眠障害
十分に睡眠時間はとっているが、眠りが浅く、熟眠感が得られない。

(出典元Wikipedia・ウィキペディア)


あなたの状態はどれにあたりますか?

人によっては、すべて当てはまる…という人もいそうですね。

これから不眠症を克服する方法を色々と考えていきましょう。


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命




あなたの症状は?


不眠症克服する方法を考えるためにも、まずはあなたの実際の症状をチェックしてみましょう。

なかなか寝付けない。
眠りが浅い。
何度も目が覚める。
目覚めた時にだるい。
起きていても常に眠気がある。


不眠症の症状では、実際に眠った時間の長さではなく、起きた時に疲れが取れていなくてだるかったり、ずっと眠い感じがして時には大事な仕事中なのについ居眠りしてしまったり…など、日常生活に支障をきたすものがあり、とても深刻です。

短時間でも、熟睡出来ていれば日中眠気に襲われる心配も無くなります。

また、なかなか寝付けず、やっと寝られたと思っても浅い眠り…つまり、質の悪い睡眠のため、起きてからが辛くても、例えば一週間程度で収まれば一過性の不眠症の症状ということになります。

3週間程度ならば、短期不眠症と分類され、それが4週間以上も続いてしまうと、長期不眠症となり深刻になってきます。


まずは、不眠症の克服のためにも夜は可能な限り10時前には布団に入るようにしましょう。

自律神経の乱れを防ぎ、交感神経と副交感神経のバランスがうまくとれるように、生活のリズムも見直してください。

症状が深刻化すれば病院の診察も必要となりますが、できることなら、医者にも薬にも頼らない方法で、ぐっすり眠られるようになりたいですね。


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命





メラトニンとの関係


メラトニン」というホルモンは、最近では、うつ病に関連しても名前が出てきてだいぶ知られていますが、もともとは眠りを誘う効果が期待出来るということでも話題に乗ります。

このメラトニンは、体温、そして血圧や脈拍を低下させます。そして覚醒と睡眠のサイクルをうまく調整してくれるので自然な形で眠りに誘ってくれる効果があります。

その関連で時差ぼけにも効果があるということで、時差ぼけを防止・予防するための薬にもなっています。

このメラトニンが不足するということで色々障害が出てくるわけですが、逆にどのようにすればメラトニンは増やせるのでしょうか。

まず、メラトニンは、脳内物質のセロトニンが分解されて分泌が増えてきます。

このセロトニンを作りだす減量として有名なのがアミノ酸の一種であるトリプトファンです。

そしてトリプトファンは、バナナや牛乳などに含まれています。


そういえば、夜、なかなか眠れない時には、温めた牛乳をのむと良いという昔からの民間療法もありますね。


ちなみに、アメリカでは、このメラトニンは熟睡出来るためのサプリメントとして注目されているそうです。

さらにこのメラトニンには、若返りの効果もあるそうです。

しっかりとした睡眠により、メラトニンが脳の中で分泌されアンチエイジングにも繋がるということですね。

もともとメラトニンは、人間の体内で自然と作られるホルモンの一種です。

規則正しく、夜になったら眠って、朝になったら目覚めるという生活を送っていられるのなら、このようなサプリメントは本来必要ありません。

とは言っても、規則正しい生活を送ってはいても、やはり年齢とともにこの分泌も減ってきます。

もちろん、不規則な生活を送っている場合も不足します。

もしも、改善するためにサプリを飲んでみるのならば、夕方以降に摂取すると、スムーズに寝つける可能性が高まります。

また、メラトニンをサプリではなく、食品で摂取したい場合にお勧めな食材は、アブラナ科の野菜のケールです。

ケールは青汁の原料として知られていますね。やはり手軽に摂取するには、青汁を飲むことでしょうか。

青汁の場合も、夕方以降に飲むと良いですね。


でも、やはり薬にもサプリに頼らずに不眠症を克服するには?


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命



オープンソース