薬の注意点


不眠症克服する方法を求めて病院に行くと、を処方されます。

いわゆる睡眠薬ですね。

しかし、病院で処方される場合でも注意が必要な場合があります。例えば、高血圧とか糖尿病のような基礎疾患がある場合、いくつもの薬を服用されていると思います。

これらの薬の中には、睡眠薬と一緒に服用した場合に睡眠薬の分解を遅らせたり強く作用しすぎてしまうケースがあります。

必ず、現在服用している薬のことも医師や薬剤師に相談してから睡眠薬を処方してもらうようにしましょう。


またその他にも注意点があります。

それは、市販のサプリメントを利用している場合です。例えば、セイヨウオトギリソウやセイヨウカノコソウを主成分としている、ハーブ系のサプリメント等を服用している場合にも、睡眠薬を処方してもらう前に病院で一度相談する必要があります。


さらに珈琲・紅茶・緑茶、そしてチョコレートなどのカフェインが含まれている食品にも注意が必要です。

あと一部の健康飲料や清涼飲料にも、カフェインが含まれている場合がありますね。

カフェインには覚醒作用、また利尿作用もありますから、これらを口にする時間や量に気をつけてください。


あとアルコールも好ましくありません。薬の作用が強く出過ぎてしまう危険があります。


最後に、妊娠中の場合には、決して睡眠薬を飲まないでください。睡眠薬は、胎児に悪影響を与える危険があるからです。

母親が妊娠中に睡眠薬を常用していた場合に、生まれてきた赤ちゃんには睡眠薬の中毒があったという報告例が少なくないからです。

その後、その赤ちゃんは成長しても幼児期から不眠症となり、常に落ち着きもなく、さらには手足が震える、という症状が出るケースがありす。


病院で不眠症の治療をしてもらう場合には、自分の現在の状況を詳しく説明してから処方してもらうようにしてください。


でも、出来たら病院にも睡眠薬にも頼らずに不眠症を解決したいですね。


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命




理想的な食生活


不眠症克服する方法の一つに、食生活の改善も挙げられます。

ぐっすり眠るためには、やはり栄養のバランスが大切です。

炭水化物に、野菜・果物、鳥肉とか魚等のたんぱく質、そしてビタミンやミネラルと色々なものをバランスよく摂ることが大切です。

もちろん食事の量も気をつけましょう。

朝は適量、昼食はたっぷり、そして夕食は少なめにというのが原則で、これが健康的な食生活といえます。

また、脂肪の多い食べ物は、避けるようにしましょう。特に揚げ物などは、油をたくさん摂ってしまうことになるので注意が必要です。

体内で脂肪分を分解するのに時間がかなりかかります。

ということは夜遅くなってから揚げ物を食べてしまうと、胃の消化活動が夜、横になってからも続くために、なかなか眠れないということに繋がります。

ただし、全く油分を摂らないのもよくありません。


そして、刺激的な香辛料やニンニクなども、夕食では控えましょう。


それでは、身体に良い食べ物は?

簡単に言うと黒っぽい色のものがお勧めです。

海苔や昆布にわかめ、黒ゴマ等の黒色の食材は、体の調子をうまく整えてくれます。

パンの場合でも、食パンのような真っ白なパンよりも、胚芽パンの方が栄養があります。

同じくお米も白いお米よりも、玄米の方が豊富な栄養素を含んでいます。

また、ぐっすりと眠るためには、カルシウムもきちんと摂取しましょう。

カルシウムには、気持ちをリラックスさせ、穏やかに眠られるようにする作用があります。カルシウムを多く含む食品は、乳製品や小魚、海草などです。


常に忙しく慌ただしく活動している現代では、理想的な食生活を送るということは難しい課題となるかもしれません。

でも、特に不眠症で悩んでいる人には、出来るだけ理想的な栄養バランスを保つことが重要です。

万が一食事では、栄養バランスを整えるのが難しいのでしたらサプリメントを利用して普段の食生活ではなかなか摂取できない栄養素を補うのも一つの方法です。

その場合、サプリメントは、夜よりも朝摂取する方が、効果的だといわれています。


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命





朝食と不眠症


不眠症を克服する方法を考える前に、あなたは朝食をきちんと摂っていますか?

朝食に関しても色々な説が出ています。

朝は消化の時間だからフルーツのように最初から消化されている食べ物だけを食べるべきという、ダイエット方法。

または朝食を抜くというダイエット方法まであります。

でも、ダイエット的な思考で行くのなら、朝食の分はその後動きますからすぐに消化されますので、朝食はきちんと食べて夕食を減らす方が賢明です。

そうでなくても、ただでさえ夜が遅かったりで朝は食欲が無いとか、1分でも朝は時間が惜しいとかいう理由で朝食を摂らない人達も増えています。

となると、その分、昼食や夕食をたっぷり摂りがちで、それ分、身体にも負担がかかります。

そして、それはあなたの大切な睡眠にも悪い影響を与えてしまいます。

最も注意しないといけないのは、夕食をたっぷり食べ、すぐに寝てしまうパターンです。

さて、朝食は、午前中の活動に欠かせないエネルギー源です。

午前中に集中力を上げて、仕事や勉強に力を入れるためにも欠かせません。

そしてしっかりと「噛む」ことは脳に刺激を与えて、その日の活動を始めるということを身体全体に伝える役目もあります。

それだけでなく朝食をきちんと食べることによって体温を上昇させますから、身体全体も心もしっかりと目覚めることが出来ます。

私達は睡眠中も、体力を消耗しています。

大脳は睡眠中であっても活動をしています。そしてこの大脳は、たくさんのエネルギーを必要としています。

朝起きた時というのは、一般的には10〜12時間もの間、何も食べていないために体全体が極端なエネルギー不足になっている状態です。

こういうエネルギーが不足している状態なのに、さらに朝食まで抜いたら、一日の活動を始めたら、一日が充実した時間にはなりません。

しっかりと朝食を食べて、そして夕食は少なめにしましょう。

こういう食生活になれば、睡眠サイクルも規則正しくなってきて、不眠症を克服する方法に繋がります。


お勧めの不眠症対策 
 ⇒ 不眠、不眠症の方のためのセラピーCD・睡眠革命






オープンソース